モグワンは粒が大きすぎて小型犬は無理!?食べやすい2つの方法とは

最近では猫のペット人気が高くなったとはいえ、ワンちゃんを飼っている人は非常に多いですよね。

年代によって流行している犬種は違えど大事な家族の一員であることには変わりありません。

そんな愛犬に健康的な食事を与えてあげたい!そんな飼い主さんに選ばれているモグワンドッグフード

品質が高いドッグフードとしては珍しく、試食会でも97.8%のワンちゃんが食べたとして「食いつきがいい高品質ドッグフード」って事で話題になっています。

ですが、小型犬の飼い主さんにはモグワンの粒の大きさについて

「うちの子でも食べられるサイズなの?」って気になっている人も多いですよね。

 

なのでこの記事ではモグワンドッグフードの粒サイズや食べやすい与え方などを詳しくご紹介していくので是非ご覧ください!

楽ちんな保存方法にも触れていますので要チェックですよ♪

 

モグワンドッグフードの粒のサイズ

モグワンドッグフードは犬の苦手としている「穀物類」を一切使用せずに作られています。

ワンちゃんの消化に良くないとされている穀物類ですが、実はドッグフードを成形する上で必要な原材料だったりします。

ですが、モグワンは穀物類を一切しようしておらず、人間が食べられるレベル「ヒューマングレード」の食材、

メインとしてはお肉とサーモンを主体に作られている事で若干「粒の大きさ」にバラつきがあったりするんですね。

モグワンの粒のサイズとしては

直径 8~12ミリ

高さ 4ミリ

位です。

上記でお話した様にサイズにはバラつきがあり均等ではありません。

 

大型犬を勝っているって人はあまり気にする事は無いかと思いますが、小型犬では話は別。

「あまり粒が大きすぎると食べられない」って可能性があったりしますからね。

基本的にはドッグフードは

  • 小粒
  • 中粒(大粒)

なんてサイズで分けられていますが、小型犬が食べる「小粒」は一般的に5~8ミリ程度。

そう考えるとモグワンドッグフードは小型犬でもじゅうぶん食べられるサイズという事がわかります。

 

モグワンを食べやすくする2つの方法

モグワンドッグフードの粒は小型犬でも食べられるサイズと言っても、中には食べづらいってワンちゃんもいるでしょう。

  • まだ子供
  • 体が小さい
  • 老犬

などは、いくら小粒のドッグフードを与えても中々食べてくれない場合もあったりしますよね。

そんな時でもワンちゃんに負担をかけない様に私達飼い主が「食べやすく」してあげる事が出来ます。

1、ドッグフードを砕く

そもそも粒が大きすぎる事が原因でエサを食べてくれない場合は砕いてしまうのが一番早いです。

  • 汚れる
  • 力が無い
  • 面倒くさい

って思う人もいるかもしれませんが、愛犬が無理なく食事をする為には我慢が必要だったりもします。

ですが、やり方によっては「そこまで手間にならない」んですね。

 

まずは、ジップロックを用意します。

中にモグワンドッグフードを入れて軽くたたきましょう。

直接手で叩いてしまうと痛める可能性もあるので、キッチンにある麺棒や清潔にしたハンマーなどで叩くと簡単ですよ。

叩く際は清潔な付近などを上からかけましょう。

 

叩いて砕いたモグワンドッグフードは食べやすいサイズになっているだけでなく、ジップロックに入っているのでそのまま冷蔵保管する事が出来ます。

愛犬の健康を気遣って与えるドッグフードですから、品質の低下は避けたい所。

この方法を使えば「食べやすさ」と「品質管理」といった両方が解決されるので、面倒くさがらずに試してみて下さいね。

 

2、ドッグフードをふやかす

粒が大きすぎて食べてくれない場合の対処法として「ふやかす」って方法もあります。

やり方は簡単でお皿にドッグフードと少量の水を入れるだけ。

数分待つことでドッグフードがしんなりしてくるので、小型犬でも食べやすくなります。

 

 

〇関連記事〇

モグワンを与える量|正しい給仕量を知って健康面もコスパも考えよう!